地域ブランドニュース by ブランド総合研究所(BRI)

最近の更新一覧


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

コラム / 地域ニュース / 中部 / 地域ニュース | 2019年4月19日 金曜日

村長が調理担当になる日も?~長野県根羽村の「ランチタイム」~

村長が調理担当になる日も?~長野県根羽村の「ランチタイム」~

「同じ釜の飯を食う」といった諺がある。
また、ただ食事をとるだけではなく、お箸の持ち方を話したり旬の話をしたりなど、
食卓こそが人が育つ場として「卓育」という新たな食育の普及も始まっている。

人口約900人の長野県の根羽村役場では、新たな試みのひとつとして、
職員3名が交代で昼食を手づくりするという。
調理当番は調理の得手、不得手、役職を問わず参加者のうち誰もが担当する。
この「昼食会」は根羽村の若手職員の発案のもと、なるべく多くの職員が集まれる日として
参加者から300円の食材費を集め毎月1回開催されている。

根羽村移住コーディネーターの杉山有希氏によると
「根羽村職員の昼食会での交流は、直接仕事をする上でも繋がってくると思う。
業務から離れて、個人のやりたいことなども意見交換しながら、
新たなアイデアが生まれることに繋がるのでは。
昼食会ででた話題も含め、多くの人に根羽村の魅力を発信していきたい。」とコメントをいただいた。
杉山氏も根羽村の広大な森と日々変化する自然に魅了され、東京から移住した一人である。

これまで根羽村役場だけではなく、今も昔も、企業の社員や職員が一堂に会する機会は、
懇親会や忘年会など夜の酒席に限られがちであった。
タバコ休憩の肩身も狭くなりつつある現代において、ランチタイムを地域の魅力を話す時間に見直してみてはどうだろうか。

●根羽村の広大な森と源流

根羽村ホームページ 
根羽村SNS(instagramtwitter) 

地域ニュース一覧


イベント / 地域ニュース / 関東 / 食農体験ネットワーク | 2018年5月21日 月曜日

新宿のど真ん中でいちご狩り?!

◆東北・熊本の復興を応援するイベント「新宿からエール2018」

新宿復興応援イベント実行委員会(新宿駅前商店街振興組合・一般社団法人ハース)は、
5月27日(日)に、東北・熊本の復興を応援するイベント(「新宿からエール」)を、
新宿東口の新宿モア四番街にて開催する。
> 続きを読む…

食農体験ネットワーク一覧


地域ブランド調査2018 | 2018年10月15日 月曜日

地域ブランド調査2018~最も魅力的な都道府県は10年連続で北海道~

全国で最も魅力的な都道府県は北海道となりました。北海道は2009年に都道府県を調査対象に加えて以来10年連続での1位という結果となりました。市区町村は函館市が50.0点で2016年以来5度目の1位となりました。2位は前年1位の京都市、3位は前年に引き続き札幌市という結果となりました。 > 続きを読む…

調査一覧