ギネス世界記録 / 地域ニュース / 東北 | 2012年3月21日 水曜日

世界一大きな餃子のモザイク画 5874個の餃子を使用

餃子レストランの大阪王将などを経営するイートアンド株式会社は、3月20日(火・祝)、宮城県亘理町で開催された「伊達なわたり まるごとフェア」の会場で、餃子を使ったモザイク画制作に挑戦。5874個の餃子を使い、世界基準となる8㎡を上回る8.1㎡のモザイク画を完成させ、ギネス世界記録に認定された。

亘理町は東日本大震災の被災地であり、イートアンド株式会社が、東北支援活動「大阪王将 愛の餃子キャラバンカー」で「愛の餃子」を届けた町のひとつ。その縁を活かし、亘理町・東北地方を元気にするべく、“まるごとフェア”への参加が実現した。

挑戦当日は、大阪本社、東京、仙台の各支社から若手社員が集結。9時半の開会に先がけ、ホットプレート7台と揚げ物用のフライヤー1台で、モザイク用の餃子を作りはじめた。

モザイクで描き出すのは女の子とイチゴ(亘理町の特産品)の絵。社内のデザイナーが原画を作成した。蒸し焼き餃子の「白」と、揚げ餃子の「茶色」の2色を使い分けることで、絵を表現した。

11時近くなるとイベントへの来場者数も増え、「何やっているの?」「全部餃子で作るの?すごーい」と興味津々で立ち止まる人が増えてきた。お客様も飛び入りで餃子を並べることが出来、子どもからの人気はもちろん、大人たちも「ギネス世界記録に参加できるなんてすごい!!」と、子ども以上に熱中して餃子を並べる人が続出。途中、餃子の調理が間に合わず、参加者たちが次の餃子を今か今かと待ちわびる場面も。

調理開始から約5時間、最後の餃子を置いたのは地元の小学生の男の子。大きさの計測、並べ方の再確認をギネスワールドレコーズの公式認定員が行い、見事8.1㎡で世界記録に認定されると、最後の瞬間を見守っていた300人近くの観衆から盛大な拍手が起こった。

ギネス世界記録では、挑戦に使用した食べ物は無駄にせず、全て配布し、食べきることがルールになっている。当初はその場でスープ餃子を作り配布する予定だったが、予定時間を1時間ほどオーバーしていたため、急遽パックに入れて来場者のお土産にすることに。会場には長蛇の列ができ、5874個あった餃子も30分経たずに全て配り終えた。

モザイク画の制作に参加した子どもたちは「世界一ってすごい。認定員さんがかっこいい」と終始興奮ぎみ。お土産の餃子を受け取った女性は「大阪の会社が、宮城の小さな町に来てギネス世界記録に挑戦してくれたことが嬉しい」と話した。

なお、挑戦の模様は地元テレビ局4社が当日のニュースとして報道。企画したイートアンド株式会社の社員にとっても、亘理町の住民にとっても、忘れられない一日となっただろう。

餃子を並べる亘理町のこどもたち

完成したモザイク画。EAT & SMILE の文字が。

左から、イートアンド株式会社の辻岡さん、認定員のショーン・カニーンさん、最後の1ピースを置いた小学生のショウキくん



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 地域ニュース / 関東 | 2017年6月15日 木曜日

「練馬あるある」絵本で区への愛着をはぐくむ!

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 / 調査 | 2017年5月29日 月曜日

地域ブランド調査2017 調査対象希望の町村を受付中(6 /12迄)

調査一覧