地域ニュース / 食農体験ネットワーク | 2016年9月20日 火曜日

全国初!食農体験ソムリエ資格誕生!~体験で地域の魅力を伝えよう~

食農体験ネットワークでは全国で初めての取り組みである「食農体験ソムリエ」の養成・認定研修を開催します。

 

◆認定施設の概要と募集について・・ソムリエ募集案内

◆資格の背景・・平成27年度、全国の道の駅や農産物直売所、体験ファームなどで食と農にまつわる体験を行っている施設の現状 調査と、セミナーや研修などを通して、その実施のサポートをしてまいりました。その中で、体験をメニュー化したいが、人材不足や収益力アップ、そして集客などの面で課題があり、なかなか実践につながらないという声が多く聞かれました。
同時に、ひとり500円くらいの体験では収益性も低く、集客力も弱いためなかなかビジネスモデルとして育たない課題がありました。一方、食農体験への期待の声も多くありました。

そこで、事務局では、より安心・安全に地域の資源や特性を活かし食育・農林水産・畜産業にまつわる体験を作成および提案できるスキルをもつアドバイザーの養成をおこなう準備をすすめておりました。今年の9月に開催した全国の先進的な食育と体験に取り組む施設の食農体験担当者による認定員(食農体験シニアソムリエ)の研修も終え、このたび「食農体験ソムリエ」の認定研修を開始します。

◆食農体験ソムリエとは・・より安心・安全に地域の資源や特性を活かし食育・農林水産・畜産業にまつわる体験を作成および提案できるスキルをもつアドバイザー
地域の資源や特性を活かした食農体験プログラムを作成し消費者に安全かつ有意義に伝えられる技術(スキル)をもち、食農体験ネットワーク協議会より認められた人を「食農体験ソムリエ」として認定。

◆食農体験ソムリエの必要な知識
①農業、食材、栄養、調理、加工などに関する幅広い知識と(ある程度の)技術
②その地域に関する知識と愛情・愛着
③お客を楽しませる気持ち、言葉遣い、ふるまい
④経営、保険等、安全面、観光に対する知識

※食農体験とは・・その地域の農産品や、食品、料理をより魅力的にし、その地域への愛着度を高め、住民や観光客(外国人含む)等の消費者がその地域の魅力を感じ取ることができる体験のことをいいます。

◆資格詳細・・食農体験ソムリエ研修・認定について

※食農体験ソムリエになるためには下記の認定員(食農体験シニアソムリエ)在籍の食農体験施設で講義と実技の受講が必要になります。

また課題の郵送をもって認定となります。

 

 

 

食農体験ネットワーク事務局(担当:山崎(やまざき))

Email: nst@tiiki.jp

 

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 関東 | 2017年5月26日 金曜日

飯能市がアニメ「ヤマノススメ」とウォーキングでコラボ

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧