地域ニュース / 四国 / 地域ニュース | 2011年7月8日 金曜日

有害鳥獣・イノシシを使って特産品を/愛媛県西予市

キーワード: ,

愛媛県西予市は、農作物を食い荒らすイノシシなどの有害鳥獣を加工できる獣肉加工処理施設を県内で初めて開設し、イノシシを使った「いのししコロッケ」を商品化し販売を始めている。

西予市では、近年イノシシなどによる農作物被害が増加していたことから、年間を通じて駆除を行い、昨年度は約1,500頭を捕獲した。これらの大半は廃棄処分にされていたが、今年4月に処理施設が完成したことから、有効活用に乗り出した。

同施設の指定管理者となったエフビーシー(同市)は、開設後約2カ月で15頭の処理を行い、2割程度を「いのししコロッケ」の材料にした。夏場の赤肉のミンチにゴボウやタマネギを混ぜて臭みを抜き、1個150円でイベントなどで移動販売している。

また、7月中には西予市の「どんぶり館」で、冷凍ブロック肉の販売も始める予定だ。



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 食農体験ネットワーク | 2017年9月25日 月曜日

農泊推進対策の追加公募結果発表

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧