地域ニュース | 2011年11月7日 月曜日

増えるご当地アプリ、活用した取り組み広がる

キーワード: ,

地域振興を目的とした「ご当地アプリ」を活用した取り組みが各地で話題となっている。
アプリ(アプリケーションソフトウェアの略)とは、主にPCを対象としたソフトウェアで、代表的なものでは、マイクロソフト社の文書作成ソフト「Word(ワード)」や表計算ソフト「Excel(エクセル)」もそのひとつ。スマートフォンの登場を機に、「いつでも」「どこでも」利用できるモバイル環境が整い、手軽にアプリをダウンロードしたり、アプリを使うことが可能となったこともあり、現在では膨大な数のアプリが提供されている。

中でもご当地(各地域)オリジナルの情報やコンテンツを盛り込んだ「アプリ」として着目されているのが、スマートフォンやタブレット型PCを対象とした「ご当地アプリ」である。そのアプリに注目した取り組みが全国各地で広がっており、旅先のガイドブック代わりとして「ご当地アプリ」を活用する人が増えている。

日本Androidの会 熊本支部が九州新幹線の全線開業に合わせてリリースした「熊本ご当地アプリ」では、スマートフォン端末のGPS機能を活用したスタンプラリーを楽しみながら、熊本の情報を得ることができる。
また、青森県の総合観光情報アプリ「青森観光」では、県内の観光情報、話題のイベント等を検索でき、これらの情報は市町村役場の担当者によって随時更新されている。
ターゲットを絞ったご当地アプリとしては、「四国八十八箇所」。これは、四国八十八ヶ所札所めぐりのために札所の位置はもちろん、次の札所までの道順を案内してくれる機能があるなど、お遍路さんにターゲットを絞り込んだアプリとなっている。

このような地域振興を目的とした「ご当地アプリ」は、多くが無料もしくは100円程度で配信されている。ガイドブック等に比べ、安価であることや、持ち歩く煩わしさが少ないこと、さらには、地元の人しか知らないお得な情報や、リアルタイムに様々な情報を入手できることもあり、これからの観光に欠かすことのできないツールとして発展する可能性は大いにありそうだ。




キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 食のバリアフリー | 2018年12月10日 月曜日

「食のバリアフリーフォーラム」 参加募集

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2018 | 2018年10月15日 月曜日

地域ブランド調査2018~最も魅力的な都道府県は10年連続で北海道~

調査一覧