支援策 | 2014年5月18日 日曜日

日本の食魅力再発見・利用促進事業のモデル地域育成事業公募

農林水産省では、平成26年度「日本の食魅力再発見・利用促進事業」のうち「食のモデル地域育成事業(特用林産物及び水産物を中心とするものを除く)」の事業主体の二次募集を開始した。この事業は地域で生産・製造される国産農林水産物や食品の消費拡大を図るため、商品開発、販路開拓、人材育成等の取組を支援するもの。公募締め切りは5月26日で、予算の上限は1800万円。

都道府県又は市町村、農林漁業者、食品関連事業者、医療・介護施設運営事業者、その他本事業の執行に必要な者等から構成されることが条件。事業対象地域の主たる国産農林水産物を中心に同地域内で生産・製造される国産農林水産物・食品(以下「地域食材」という。)の消費拡大の取組み。

ただし、食のモデル地域実行協議会を構成する一又は複数の都道府県及び市町村の一部又は全部の地域で実施する事業で、都道府県や市町村をまたぐ複数の区域又は連続しない複数の区域を一つの事業対象地域とすることができる。

具体的な取り組みとしては以下の内容

  1. 食のモデル地域実行協議会の合意形成、事業企画・検討・運営食のモデル地域実行協議会の合意形成、事業企画・検討・運営。
  2. 現状調査事業対象地域ごとの現状調査。
  3. 総合的なマーケティング地域食材の利用量向上を目的としてアンケート調査等の市場評価。
  4. 開発・研究等創造活動地域食材の利用量向上につながり、かつ、消費者等の需要に即した商品の開発・研究等
  5. 販路開拓・購買促進地域食材又は(4)の開発により製造された商品等の販路の開拓・購買促進
  6. 地域人材・後継者等育成地域食材の利用量向上等の取組を支援する人材の育成を行うため研修会
  7. 取組手法・効果の取りまとめ

詳しくは以下のページを参照のこと。
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/140317.html

問い合わせ先:

〒100-8950  東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省生産局農産部穀物課米麦流通加工対策室消費流通第1班
(農林水産省本館2階ドアNo.本279)
電話 :03-3502-7950(直通)
FAX  :03-6744-2523

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

ギネス世界記録サポート窓口 / 地域ニュース / 近畿 | 2017年11月14日 火曜日

おむすび並べて世界一達成|滋賀県大津市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年11月1日 水曜日

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

調査一覧