地域ニュース / 中部 / 知財・商標 | 2011年7月11日 月曜日

ご当地丼・「能登丼」地域団体商標に申請

能登の食材や器を使った創作料理「能登丼」を提供する飲食店などで作る能登丼事業協同組合(橋本公生理事長)は、「能登丼」の模倣品の乱立を防ぐと同時に、既存の提供店の味向上の努力を促していくために、能登丼の「地域団体商標登録」を特許庁に申請した。

「能登丼」は、2007年12月、輪島、珠洲、穴水、能登の2市2町の飲食店や旅館関係者が、能登半島地震からの復興や観光振興を狙って始めた取り組みにおいて開発したもの。「能登丼」の条件は、米や水、野菜、食器に至るまですべて地元産に限定すること。現在は地元の58店舗が、奥能登産の魚介類や肉をメインとした創作料理を考案し、組合の認定を受けている。

これまで、組合が認めた店には、認定証とのぼり旗を提供する一方で、顧客のクレームが多いと“販売資格”をはく奪するなど、一定の品質維持に向け、厳しいハードルを科してきた。

能登丼の最大の売りは「能登に行かないと食べられない」ことだったが、3年間にわたるPRで知名度が上昇、最近は金沢市内で「能登丼」をメニューに載せる店が登場し始めた。そこで組合は、今後、同様の模倣店が出てくるのを防ぐために、今年3月に地域ブランドを対象にした地域団体商標登録を申請した。県地域振興課によると、早ければ9月にも結果が判明する見通し。

参考情報:能登丼紹介HP(奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会事務局)
参考情報:能登丼の定義(奥能登ウェルカムプロジェクト推進協議会事務局)



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

ギネス世界記録サポート窓口 / 地域ニュース / 近畿 | 2017年11月14日 火曜日

おむすび並べて世界一達成|滋賀県大津市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年11月1日 水曜日

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

調査一覧