コラム / 地域ブランド用語集 | 2012年10月1日 月曜日

第110回笹かまぼこ

明治の初めに三陸沖でヒラメの大漁が続いた。当時は冷凍保存技術がなかったため、ヒラメをすり身にして手のひらでたたき、笹(ささ)の葉の形に焼いたのがはじまり。

その形から「ベロ(舌)かまぼこ」「木の葉かまぼこ」と呼ばれていたが、1935年に仙台市に創業した阿部蒲鉾店が、旧仙台藩主伊達家の家紋「竹に雀(すずめ)」の笹にちなんで「笹かまぼこ」と命名。名称が統一されていった。

今はグチやタラ、キンキなどが多く使われているが、店や商品、季節などによって原材料は異なる。すり身を笹形の木枠あるいは鉄製枠に入れて成型し、竹串に刺して焼いて作るが、高級品では手作業で細かな成形をするものもある。

一般的なかまぼこより、ふっくらとした食感なのが特徴。仙台市やその周辺の特産品として人気が高い。ちなみにかまぼこには必須アミノ酸がバランス良く含まれている。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2012年10月1日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 調査 / 地域ブランド調査2017 | 2017年7月12日 水曜日

地域ブランド調査2017 申し込みフォーム

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧