コラム / 地域ブランド用語集 | 2012年11月12日 月曜日

第116回伊勢茶

三重県内で産出した茶で、産地は鈴鹿山麓(北勢地域)と台高山脈(南勢地域)に分かれる。平安時代に僧侶の玄庵が北勢地域に茶の木を植えたのが始まりとされる。室町時代から江戸時代にかけて、伊勢商人によって日本中に広まった。

三重県はお茶の栽培面積、生産量、生産額のいずれも静岡県、鹿児島県に次いで全国3位だが、静岡茶や宇治茶の材料となることが多かった。そこで伊勢茶としてのブランド確立に力を入れている。

伊勢茶の特徴は鈴鹿山麓で特に多く取り入れられている、かぶせの手法。収穫前の十数日間、茶樹に黒い覆いをかぶせて日光をさえぎることで、茶葉にテアニンというアミノ酸の含有率が高まり、甘味とうまみが増して色が鮮やかになる。かぶせの期間がさらに長いものが玉露。三重県全体の生産量の約3割がかぶせ茶で生産量は日本で最も多い。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2012年11月11日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 中国 | 2017年5月11日 木曜日

縁結びの地で「恋いうた」を募集(島根県奥出雲町)

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧