コラム / 地域ブランド用語集 | 2012年12月10日 月曜日

第120回名古屋コーチン

明治時代に愛知県でつくられて全国に普及した地鶏で、正式名は「名古屋種」。明治15年ごろ、海部壮平・正秀の兄弟が中国から輸入されたバフコーチンという鶏と尾張地方の地鶏を交配。肉質や産卵能力がよく強健なため全国に広まった。

それ以降は他の鶏と交配されておらず、日本農林規格で在来種とされている。大量生産に適するように改良された鶏にシェアを奪われ、名古屋コーチンは絶滅寸前まで減少した。

だが近年、味の濃い地鶏がブームとなり、再び注目され始めた。2007年にニセモノ事件が起きたことをきっかけに、名古屋コーチンの生産・流通に携わる関係者が協会組織を設立し、基準作成などを行っている。

殻が桜色でやや小ぶりの卵は、卵黄の比率が高く濃厚な味が特徴。親子丼、だし巻き卵、だて巻きなどの料理に用いられる。プリンやカステラ、ケーキなどの加工品も人気がある。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2012年12月9日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 食農体験ネットワーク | 2017年9月25日 月曜日

農泊推進対策の追加公募結果発表

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧