コラム / 地域ブランド用語集 | 2013年10月28日 月曜日

第164回 琉球ガラス

 沖縄本島を中心に生産される手作りの吹きガラス工芸。4~5人のグループが「宙吹き」「型吹き」と呼ばれる製法で制作する。

沖縄におけるガラス製造の歴史は古く、江戸時代初期には沖縄で「焼玉」と呼ばれるガラスが作られていたという。ただ、生産量はごくわずかで、人々が使うガラス製品の大半は日本本土で製造されたものだった。やがて、明治時代に長崎や大阪などからやってきた職人によって、薬瓶やランプ等の生活用品が作られるようになった。

 戦後は材料不足のため、米軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を使った。このため、厚手で、赤色や緑色などの多彩な色合いとなり、気泡も混入したが、これが琉球ガラスの独特の味わいに。その後は原料や技法も進化し、2003年には沖縄県の伝統工芸品に認定されるまでになった。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2013年10月28日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 調査 / 地域ブランド調査2017 | 2017年7月12日 水曜日

地域ブランド調査2017 申し込みフォーム

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧