コラム / 地域ブランド用語集 | 2013年11月25日 月曜日

第168回 吹田くわい

 くわいは「芽が出る」という意味から縁起の良い食物として、おせち料理の材料として用いられる。アジアやアメリカなどに広く栽培されており、日本には平安時代に伝来した。水田などで栽培されるため「河芋」と呼ばれていたものが、「くわい」と呼ばれるようになった。

 日本で生産される8割が広島県福山市で栽培されたものだが、大阪府吹田市では小さめの品種である「吹田くわい」が栽培されている。えぐ味が少なく、栗のようなほくほくとした甘さがあり、江戸時代には、くわいの最高品種として宮中に献上されていた。また蜀山人も歌に残している。

 ところが、その後は生産量が減少し、一時は絶滅の危機にひんしていた。2005年に大阪府が昔ながらの野菜を見直そうと始めた「なにわの伝統野菜」の一つとして、生産と普及の拡大に取り組んでいる。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2013年11月25日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

イベント / 地域ニュース / 地域ニュース / 関東 | 2017年3月30日 木曜日

「ユネスコ無形文化遺産 本場結城紬の魅力体験モニターツアー」を実施

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2016年10月19日 水曜日

地域ブランド調査2016 結果速報~最も魅力的な市は3年連続で函館市。石川県・金沢市が上昇~

調査一覧