コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2012年5月28日 月曜日

第92回:薩摩切子

薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産したカットグラス。透明度の高いクリスタルガラスに色ガラスを厚くかぶせ、細かなカット模様を施す。「ボカシ」と呼ばれる美しいグラデーションが特徴。

外国のガラス製造書物をもとに、江戸のガラス職人などを招いて薩摩藩主、島津斉興が1846年に始めた。51年には斉彬が、日本を強く豊かな国にするための集成館事業業の一環に薩摩切子を位置づけた。
着色ガラスを研究し、紅・藍・紫・緑などの発色に成功。特に紅色は日本で初めて発色に成功したもので、薩摩切子を代表する色となった。薩摩ガラス・薩摩ビードロとも呼ばれて評価が高まったが、58年に斉彬が急逝すると、集成館事業は縮小された。63年の薩英戦争で工場が焼失し、77年の西南戦争前後には跡絶えてしまった。

それから100年以上経った1985年に薩摩切子の復刻生産が試みられ、再び地域産品として注目を集めている。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2012年5月28日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 食農体験ネットワーク | 2017年9月25日 月曜日

農泊推進対策の追加公募結果発表

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧