コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2013年4月14日 日曜日

第137回 小城羊羹

 佐賀県で昔ながらの製法で作られているようかんで、日が経つにつれて表面が白く糖化して硬くなり、シャリシャリとした独特な食感になるのが特徴。佐賀の小京都と呼ばれる小城市内には20軒以上のようかん店が集中している。

 明治時代、小城で会席業を営んでいた森永惣吉が、大阪の虎屋から学んだ小豆の煮方を基にようかんの製造を思い立ち、森永本舗という店を創業したのが始まり。1900年頃には、小城は産地として発展、特に日清戦争では大陸の戦地に送られた小城ようかんの品質が変わらないことが絶賛され、注文が激増した。

 それまで「練羊羹(ようかん)」と称されていたが、小城のようかん店主の1人である村岡安吉が他地域のようかんと区別するために「小城羊羹」と名づけた。小城市内の店舗により結成された小城羊羹協同組合によって「小城羊羹」が地域団体商標として登録された。
(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2013年4月14日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

ギネス世界記録サポート窓口 / 地域ニュース / 近畿 | 2017年11月14日 火曜日

おむすび並べて世界一達成|滋賀県大津市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年11月1日 水曜日

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

調査一覧