コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2013年6月3日 月曜日

第143回 岐阜和傘

 梅雨といえば傘。日本の伝統的なものに岐阜和傘がある。竹で骨と軸を作り、美濃和紙を張ったもので、天候に応じて開き加減を変えることができる。開いたときに末広がりの形に見えることから縁起物として、結婚の際に使われることが多い。

 岐阜での和傘作りは1639年に始まった。1756年に加納藩主となった永井直陳が、藩の財政難や下級武士の生活難の救済のために和傘作りを武士の内職として奨励したことで広まった。江戸時代には年間50万本を超える和傘が作られ、全国に出荷されていた。

 昭和初期には年間1500万本が生産されたが、戦後は洋傘に取って代わられ、出荷は減少した。10数人の熟練した職人によって100を超える工程を経て作られるため、量産が難しい。現在は数人から数十人までの規模の事業所が分業体制で年間数万本を製造している。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2013年6月3日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 調査 / 地域ブランド調査2017 | 2017年7月12日 水曜日

地域ブランド調査2017 申し込みフォーム

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧