コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2013年8月5日 月曜日

第152回 益子焼

   栃木県の益子町周辺を産地とする陶器。益子の土は鉄分を含むため、可塑性に富み、耐火性も高い。出来上がりは厚手で重量感がある。
  益子には登り窯が約50基ほどあったが、東日本大震災でその大半が崩壊してしまった。その後は少しずつ修復が進められている。
 
  江戸時代末期に現在の茨城県の笠間で修行した大塚啓三郎が窯を築いたことに始まる。人間国宝となる浜田庄司が1929年に益子に移住し、民芸品の中の美に目を向ける「民芸運動」の中で、浜田の作品は世界的に評価が高まった。益子焼の名が有名になるにつれ、各地から多種多様の作風の陶芸家が多く集まるようになった。春と秋には陶器市が開かれ、若手からベテランまで約500の窯元が出品、約60万人の人出で賑わう。
 
  ちなみに群馬県横川の名物弁当である「峠の釜めし」の器は益子で製造されている。

※当記事は、2013年8月5日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 食農体験ネットワーク | 2017年9月25日 月曜日

農泊推進対策の追加公募結果発表

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧