イベント / コラム / イベント / セミナー・講演 / 知財・商標 / 調査 / 食農体験ネットワーク | 2015年6月17日 水曜日

消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業実施中!

本年度より弊社では、農林水産省の補助を受け、「消費者ニーズ対応型食育活動モデル事業」を実施している。

この事業は、農山漁村の直売所や道の駅に着目し、「食や農にまつわる体験」を積極的に消費者に発信していこうというものだ。ここでいう「体験」というのは、イチゴ狩りのような「観光農業」から一年を通して農業を体験する「農業塾」、さらにジャムやパンのような「加工品作り」や、農山漁村の食文化を味わう「食べる」体験も含まれている。

直売所や道の駅は、今や農山漁村の様々な機能(農林水産業、食文化、伝統的な知恵)が凝集した地域の中核施設として位置づけられている。そして、消費者と地域とが出会う、交流の「場」となっている。そんな直売所や道の駅が「食や農にまつわる体験プログラム」を消費者に打ち出すことができれば、農山漁村の魅力がより消費者に伝わるであろうし、なにより農山漁村の魅力は食と結くものが豊富にあるため、「食育」にもつながると思われる。

さて、この事業の第一回検討会議を6月16日(火)に行った。委員は日本の直売所・食育・観光をけん引するそうそうたるメンバーで構成されている。印象的なご意見を若干紹介させていただきたい。

①直売所の価値について
・今や直売所は地域の価値を伝え、日本の農業を支える役割を担っている。
・直売所は「物を売る」のではなく、「夢を売る」場所である。

②体験について
・直売所や道の駅はコンテンツ作りが得意だが、情報発信は得意ではない
・体験を「扱いたいのだが、やり方がわからない」という直売所が多い

より多くの直売所や道の駅が、地域の魅力を伝える手段として体験を打ち出せるよう、この事業を通じてネットワークを広げていきたい。

文責:網野 善久



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 調査 / 地域ブランド調査2017 | 2017年7月12日 水曜日

地域ブランド調査2017 申し込みフォーム

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧