コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2010年8月8日 日曜日

第6回:伝統工芸品

伝統工芸品とは、一般的には生活の道具として手工業により製造されるものを指す。布製品、陶磁器、漆器、木工品、紙製品、金属工品、石工品などがある。日本の伝統工芸品の数は現在、約1200品といわれ、従事者数は約14万人、生産額は約8000億円。地域としては京都府、石川県、東京都、愛知県などに多い。

経済産業省は京友禅、九谷焼、輪島塗など211品を「伝統的工芸品」に指定している。これは「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされたりしている工芸品」という意味だ。伝統的工芸品の生産額のピークは1984年の5237億円。その後、2006年には1773億円まで落ち込んだが、「和」の暮らしや「ものづくり」に対する再評価によって価値が見直されている。

(ブランド総合研究所社長 田中章雄)

※当記事は、2010年8月8日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2018年4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 地域ニュース / 近畿 | 2018年4月17日 火曜日

ご当地WAON「福知山城WAON」が誕生

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年11月1日 水曜日

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

調査一覧