コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2010年10月18日 月曜日

第16回:ブランド構築

ブランド構築とはブランドとしての評価を高めることをいう。具体的には①差別的優位性(特徴、付加価値)を明確にすること(ブランドプレミアム戦略)②特徴を消費者に伝え、消費者のニーズを理解すること(ブランドコミュニケーション戦略)③顧客の満足度を高めること(顧客ロイヤルティー戦略)の3つがある。ブランドとしての評価が上がれば市場における競争優位性が高まり、売り上げや利益、販売の持続性、新商品開発の可能性拡大などが見込める。そのため、競争が激しい市場ではブランド構築の重要性がより高まる。

対象顧客が一般消費者の場合は「BtoC(Business to Consumer)」、企業の場合には「BtoB(Business to Business」と呼ぶ。構築の具体的手法は顧客、または扱う商品やサービス内容によってそれぞれ異なり、個々の状況に応じた手法を検討する必要がある。

(ブランド総合研究所社長 田中章雄)

※当記事は、2010年10月18日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 調査 / 地域ブランド調査2017 | 2017年7月12日 水曜日

地域ブランド調査2017 申し込みフォーム

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧