コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2012年2月27日 月曜日

第80回:松江和菓子

松江市は一人あたりのお茶の消費量は全国平均の5倍で、和菓子は1.5倍。京都、金沢とならぶ和菓子処として名高く、城下町の風情が残る街中に和菓子の名店が多い。

大名茶人と称される出雲松江藩の第7代藩主・松平治郷(雅号は不昧=ふまい)が茶道を極め、職人に和菓子を作らせたのがきっかけで、優美で繊細な和菓子が数多く作られるようになった。治郷が茶会に用いた和菓子は「茶事十二か月」に記録されている。これらは明治維新で一旦途切れたが、明治中期以降に松江の和菓子職人たちによってよみがえった。「不昧公御好み」として今も伝わっている中で、山川、若草、菜種の里などは、松江3大銘菓として人気がある。

2004年には松江市内の和菓子店が協力し、JAPANブランド支援事業として海外市場向けに新しい創作和菓子「NEW松江菓子」への取り組みが始まっている。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2012年2月27日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 食農体験ネットワーク | 2017年9月25日 月曜日

農泊推進対策の追加公募結果発表

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧