コラム / 勝手にケンミン創生計画 | 2015年7月19日 日曜日

埼玉 ダサイとは言わせない! 素材を絞り魅力度アップを

埼玉県は人口、県内総生産共に全国5位。それなのに魅力度は42位と低い。最高位は2012年の40位で、最低位は11年と13年の45位。とにかく40位台をうろうろしている。

「ダ埼玉」とタモリから命名されるくらい、埼玉県はかねて低いイメージに悩まされていた。土屋義彦知事時代の1992年にキャッチコピーを公募し、「彩の国さいたま」に決定。それ以降は埼玉県のイベントや商品などに「彩の国」が用いられているが、県外にはなかなか浸透していないようだ。

埼玉県の魅力度が低い原因は、そもそも県民による愛着度が低いという点。各県の居住者および出身者による2014年の愛着度のランキングでは、同設問を加えた2010年以来、5年連続で最下位に甘んじている。

「埼玉県に対する親しみや愛着を高める」ことを目的として平成5年11月14日に制定したのが「彩の国キャンペーンマーク」だったはずなのだが・・・。

ところで、埼玉県のイメージは決して悪いわけではない。

特筆すべきは、埼玉県が「デザインやセンスのよい県」で9位!と高く評価されていることである。消費者からみれば決して「ダサい」のではなく、センスがよいと思われているのだ。

続きの記事はコチラから

 

埼玉県の主な指標

  • 認知度    14位
  • 魅力度    42位
  • 情報接触度 15位
  • 居住意欲度 14位
  • 観光意欲度 46位
  • 愛着度    47位

埼玉県の主なイメージ

  • スポーツの県     2位
  • 生活に便利な県   4位
  • 教育・子育ての県  5位
  • IT・先端技術の県  6位
  • デザインやセンスのよい県 9位

課題

  1. 県民からの愛着度が低い
  2. スポーツやITなどのイメージが良い
  3. デザインやセンスは全国9位と高い
  4. 食材は豊富だが、食のイメージは低い
  5. 魅力は多いが、代表するシンボルがない

提言

具体的なシンボルづくりでイメージの固定化と郷土愛醸成を

 

週刊ダイヤモンドに連載中 (毎週月曜日発売)

執筆・文責: 田中章雄 (ブランド総合研究所代表取締役社長)

 

 

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

ギネス世界記録サポート窓口 / 地域ニュース / 近畿 | 2017年11月14日 火曜日

おむすび並べて世界一達成|滋賀県大津市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年11月1日 水曜日

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

調査一覧