コラム / 勝手にケンミン創生計画 | 2015年8月31日 月曜日

高知県 課題は竜馬依存からの脱却

「高知県は、ひとつの大家族やき。高知家」。

こんなコンセプトの下、高知県は2013年から「高知家」プロモーションを展開。県産品の販売拡大や観光客、移住者の増加につなげようと取り組んでいる。

昨年度は「リョーマの休日~高知家の食卓~」、今年度は「高知県のええもん、ぜーんぶおすそわけやき。高知家」としたキャンペーンを展開した。東京・銀座のアンテナショップ「まるごと高知」を拠点として外商活動を展開するなど、その積極さには目を見張る。

こうした懸命のPR活動にもかかわらず高知県の認知度は45位と低迷している。さすがに名前を知らない人はほとんどいないが、「名前しか知らない」と答えた人が6割を占めている。しかもその比率が年々増えつつある。

一方で、高知県を魅力的だと答えているのは23.6%。すなわち高知県のことを知っている人の6割が「魅力的だ」と答えていることになる。この比率の高さは特筆すべきであり、いわば高知の魅力は「知る人ぞ知る」ということなのだが、12年以降は魅力度も低下しつつあるので要注意だ。

◆食の魅力が伝わっていない

高知県は龍馬ブーム抜きでは語れない。NHK大河ドラマ「龍馬伝」の放映があった10年には、「ドラマなど」による情報接触度は東京都、北海道に次いで3位だった。ところが「旅やグルメの番組」での接触度は23位、「旅行やグルメの記事やガイドブック」では29位と出遅れた。

つまり、龍馬の魅力を食や観光などの魅力につなげられていないことになる。そして、もうひとつの原因は県民の愛着度が急低下していることだ・・・。

 

続きの記事はこちらから(週刊ダイヤモンド)

・ 高知県の主な指標の順位

  • 認知度     45位
  • 魅力度     33位
  • 情報接触度  39位
  • 観光意欲度  23位
  • 愛着度     30位

・ 高知県の主なイメージ

  • 歴史人物などにゆかりがある   4位
  • 魅力的な祭りがある        16位
  • 解体地域産品がある       19位
  • 食事がおいしい          23位

・ 提言

県民総出で、竜馬に続くブーム演出を

※この記事は週刊ダイヤモンド 8月22日号に掲載されたものです。

週刊ダイヤモンド「勝手にケンミン創生計画」では、毎週、1つの都道府県をピックアップして、
地域ブランド調査の結果などをもとに課題を明らかにし、提言を導いています  (毎週月曜日発売)

執筆・文責: 田中章雄 (ブランド総合研究所代表取締役社長)

 

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 関東 | 2017年5月26日 金曜日

飯能市がアニメ「ヤマノススメ」とウォーキングでコラボ

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧