コラム / 勝手にケンミン創生計画 | 2015年8月31日 月曜日

滋賀県 県名変更は特効薬にあらず・・・

全国的な知名度の低さを解消しようという狙いで、滋賀県は以前より県名の変更について検討してきた。そして今年7月に、ついに県名変更の是非を問う県政世論調査を実施するに至った。

2月の県議会で県議から名称変更の提案があり、実施することになったこの調査。「結果次第では県名変更を検討する」と三日月大造知事は語っていたが、集計してみると、県名を「変える必要がない」と回答した人が全体の82.8%を占めるという調査結果になり、県名変更の可能性は遠のいた。

◆認知度より魅力度に課題

今回の県名変更の騒動のきっかけは、滋賀県の知名度の低さにあるが、地域ブランド調査の結果からは、この仮定自体が正しいとは言えないことが分かる。

滋賀県の認知度は全国25位で、47都道府県のほぼ真ん中。すなわち、県民が心配するほど滋賀県の認知度は低くはないのだ。

認知度の順位の経年変化をみると、震災に関する報道の影響で2011年と12年の順位が大きく変動(低下)しているが、認知度の点数自体は2009年からとんど変化していない。

それより問題が深刻なのは魅力度の方だろう。こちらは全国順位が39位(!)と認知度を大きく下回っており、下から数えた方が早い。すなわち滋賀県の魅力が伝わっていないことの方が重要なのだ。

だからこそ滋賀県の魅力を伝えるために、シンボルである琵琶湖や近江(これも近い淡海=琵琶湖に由来している)のブランド力を使おうと考えたくなるのは理解できなくはない。ところが滋賀県を「琵琶湖県」に名称変更するだけで、イメージが高まるのだろうか?

続きの記事はこちらから(週刊ダイヤモンド)

 

・ 滋賀県の主な指標の順位

  • 認知度        25位
  • 魅力度        39位
  • 居住意欲度     20位
  • 観光意欲度     41位
  • 食品購買意欲度  44位

・ 滋賀県のイメージ

  • 健康増進・医療福祉の地域  10位
  • IT・先端技術の地域      12位
  • 歴史・文化の地域        12位
  • 生活に便利・快適な地域    15位
  • 魅力的な商店街や店舗がある 16位

・ 提言
名より実。 生活や観光の楽しさの創出を

 

※この記事は週刊ダイヤモンド 8月29日号に掲載されたものです。

週刊ダイヤモンド「勝手にケンミン創生計画」では、毎週、1つの都道府県をピックアップして、
地域ブランド調査の結果などをもとに課題を明らかにし、提言を導いています  (毎週月曜日発売)

執筆・文責: 田中章雄 (ブランド総合研究所代表取締役社長)



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 地域ニュース / 関東 | 2017年6月15日 木曜日

「練馬あるある」絵本で区への愛着をはぐくむ!

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 / 調査 | 2017年5月29日 月曜日

地域ブランド調査2017 調査対象希望の町村を受付中(6 /12迄)

調査一覧