コラム / 勝手にケンミン創生計画 | 2015年10月20日 火曜日

東京都 人気は西高東低。オリンピックでどう変わる?

東京都の認知度の順位は全国4位で、調査開始以来変化はないが、点数は東日本大震災の2011年に大きく低下した後、緩やかな上昇傾向にある。

「とても魅力的」と答える人の割合が2012年に29.6%だったのが13年には33.4%、14年には41.8%と徐々に増えてきている。

東京都を魅力的だと思う人の割合は、回答者の居住エリアによって大きく異なる。九州・沖縄に居住している人で「とても魅力的」と答えたのは30.8%いたが、東北・北海道居住者においてはわずか3.9%にすぎない。明らかな西高東低の状況だ。ただし、近畿居住者は16.2%と少なく、西日本の中でも東京都に対する魅力度は低いようだ。

一方、東京に対する居住意欲についても、地域によって大きな隔たりがある。現在、関東に居住している人で東京に「ぜひ住みたい」と答えたのは24.5%であるのに対し、その他の地域の居住者では1~5%と少ない。逆に「あまり住みたくない」と答えた人は、関東以外では3割以上いる。 魅力度が高かった九州・沖縄居住者においては、「ぜひ住みたい」と答えたのはわずか4.9%で、逆に41.5%が「あまり住みたくない」と答えている。

つまり東京は魅力的ではあるが、居住地としての魅力とは異なるということだ。これは関東以外の居住者もほぼ同様で、「ぜひ住みたい」と答えたのはいずれも2~4%と少数だ。

◆若者の居住意欲は低い

回答者の年代別に分析すると、20代では34.7%が「とても魅力的」と答えているのに対し、年代が高くなるほどこの比率は低くなり、60代では14.2%になる。東京は若い人ほどあこがれが強いという特性があることになる。

 

続きの記事はこちらから(週刊ダイヤモンド)

◆東京都の主な指標 (地域ブランド調査2014の結果より)

  • 認知度        1位
  • 魅力度        4位
  • 情報接触度     1位
  • 居住意欲度     1位
  • 観光意欲度     4位

◆東京都区の魅力度順位 (数値は1000市区町村における順位)

  • 新宿区       20位
  • 港区         32位
  • 渋谷区       33位
  • 目黒区       40位
  • 品川区       41位

 

◆提言  次世代へのブランド戦略を、今一度考えてみるべき

 

※この記事は週刊ダイヤモンド 2015年10月3日号に掲載されたものです。

週刊ダイヤモンド「勝手にケンミン創生計画」では、毎週、1つの都道府県をピックアップして、
地域ブランド調査の結果などをもとに課題を明らかにし、提言を導いています  (毎週月曜日発売)

執筆・文責: 田中章雄 (ブランド総合研究所代表取締役社長)

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

イベント / 地域ニュース / 地域ニュース / 東北 / 食農体験ネットワーク | 2017年4月21日 金曜日

歩いて食べて地元の魅力を再発見!|宮城県登米市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧