地域ニュース / 東北 | 2011年8月9日 火曜日

津波被害をまぬがれた小麦粉を使用したまんじゅう限定販売

みやぎ生協は、8月8日(月)、東日本大震災発生時に津波の被害にあった倉庫に残っていた宮城県産小麦粉を原料とした「ゆきちから饅頭」を開発・販売した。700箱限定販売で、1箱680円。

原料である宮城県産小麦粉「ゆきちから」は、仙台港にある製粉会社の倉庫内のタンクに保管していたもの。倉庫は1階が浸水したものの、タンクは上階にあったためかろうじて被害をまぬがれることができた。

みやぎ生協は、この小麦粉を使って今年2月から商品化を進めており、震災発生の3月11日に試作品が届く予定だったが一旦中止になった。しかし、原料が残っていたことから6月末に再開、開発にこぎつけた。あんは北海道産小豆を使用。

主な販売場所は、サンネット事業連合に加盟するいわて生協(岩手県滝沢村)、生協共立社(山形県鶴岡市)、コープふくしま(福島市)そしてみやぎ生協の計70店舗で、1箱6個入り680円、700箱限定で販売している。

参考情報:みやぎ生協



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

ギネス世界記録サポート窓口 / 地域ニュース / 近畿 | 2017年11月14日 火曜日

おむすび並べて世界一達成|滋賀県大津市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年11月1日 水曜日

九州・沖縄居住者にとって福岡県は北海道並みに“魅力的”

調査一覧