地域ニュース / 地域ニュース / 近畿 | 2015年8月10日 月曜日

滋賀県の名称変更、82%が「必要ない」

キーワード: , , , ,

滋賀県は県名変更の是非を問う県政世論調査を7月2日に実施したが、その結果、県名変更については、82.8パーセントが「変える必要がない」と回答した。

滋賀県では、全国的な知名度の低さを解消しようという狙いで、以前より県名の変更について検討してきた。変更する名称案としては「近江県」「琵琶湖県」などで、2月の県議会で、県議から名称変更の提案があり、三日月知事は7月の調査結果次第で「県名変更を検討する」としていた。

「第48回滋賀県政世論調査」は、県内在住で満20才以上の住民の中から、無作為に抽出した3,000人(外国人を含む)を対象に実施(7月2日発送)した。回収数は1561票(回収率は52.0%)で、全土より1.7ポイント低かった。

調査の結果、滋賀県の認知度については65.2%が「あまり認知されていない」としたが、認知度向上のための県名変更については82.8%が「変える必要がない」と答えた。

「変えた方がよい」を選択した人の中で、具体的な県名の記載があったものは78件あり、「近江」を含む県名は41件、「琵琶湖、びわ」を含む県名は32件だった。

この結果について三日月知事は会見の中で「やはり滋賀県という県名に対する8割を超える県民の皆さんのご支持、これはやっぱりお気持ちの表れだと受け止めなければならないと思います。同時に先ほど紹介しましたけれども、まだまだ観光の振興であるとか、ブランド力の向上ということにまだまだ余地があるのではないかと指摘されるお声もありますので、大好きな県名をもつ滋賀というものの知名度、認知度を上げるための取組というものをさらに求められているということだと思います。たとえば近江米、近江牛、近江の野菜という「近江」。歴史上もいろんな舞台となった「近江」というものと滋賀県を結びつける。琵琶湖と滋賀県を結びつける、そういう取組を我々がもっともっと効果的、戦略的にやっていかなければならないということだと思います」と述べている。

参考:滋賀県 知事定例記者会見(7/27)

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 関東 | 2017年5月26日 金曜日

飯能市がアニメ「ヤマノススメ」とウォーキングでコラボ

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧