ギネス世界記録 / 地域ニュース / 関東 | 2014年10月10日 金曜日

「最大のぶどう飛ばし大会」ギネス世界記録更新/山梨県甲州市

キーワード: ,

ぶどうを口にふくんで飛ばし、その大会への参加者数を競うギネス世界記録への挑戦イベントが4日、山梨県甲州市の「勝沼中央公園」で行われた。


記録挑戦のきっかけは、今年2月の大雪で被害を受けた地域を元気づけ、さらに甲州ぶどうの美味しさをPRしたいと考えた甲州青年会議所の企画。当初は個人による「ぶどう飛ばしの最長距離」記録への挑戦を検討していたが、より多くの人が参加でき世界記録保持者となれる挑戦形態を模索した結果、これまでにない「ぶどう飛ばし大会への参加人数の多さを競う」という挑戦をギネスワールドレコーズに提案。審査の結果、新たな挑戦カテゴリとして認められた、という経緯がある。

挑戦当日は、朝から老若男女が集まりぶどう飛ばしに挑戦。3センチメートルという可愛い記録から、6メートル超の大記録まで、様々なドラマが生まれた。国外からの参加者もあり賑うなか、最長距離を飛ばしたのは、甲府市の男性。なんと昨年までの大会(昨年まではぶどうの皮とばしを実施)で3回の優勝を誇るこの男性は、今年も6メートル44を記録して優勝を飾った。

ちなみに、ぶどうを遠くに飛ばすためには、勢いと角度がポイントとなる。特に、ギネス世界記録特有の「両足を地面につけたままぶどうを飛ばす」というルールが設定されていたため助走や背伸びなどができず、体を反らせたり、うまく放物線を描くように吹き出したりと、各参加者の工夫がみられた。なかには、事前に家で練習してきた、という参加者もおり、世界記録と自分の記録、二重の挑戦を楽しんだようだ。

大会は途中の休憩を挟んで6時間におよび、その間に参加した人数は合計891人にのぼった。初めての記録のため、超えなければならないと設定された400人を大幅に上回り、挑戦の様子を見守ったマクミラン舞認定員より、公式認定証が授与された。

 

 

記録名:Largest grape spitting competition
記録(人数):891人

認定日:2014年10月4日

(文責:平野 佑 ブランド総合研究所 世界記録コーディネーター)



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 地域ニュース / 関東 | 2017年6月15日 木曜日

「練馬あるある」絵本で区への愛着をはぐくむ!

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 / 調査 | 2017年5月29日 月曜日

地域ブランド調査2017 調査対象希望の町村を受付中(6 /12迄)

調査一覧