イベント / 会社案内 / ニュースリリース / 地域ニュース / 食のバリアフリー | 2019年1月12日 土曜日

「食のバリアフリーフォーラム」1/9東京にて実施

-7beyond2020に向けて!インバウンドに食のあたらしいおもてなし

ブランド総合研究所は2019年1月9日に都道府県会館(東京都千代田区平河町2-6-3)において、「食のバリアフリーフォーラム」を開催しました。

これは、ブランド総合研究所が平成30年度、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託を受け、「2020東京オリンピック・パラリンピックに向けた日本食のグローバル化(食のバリアフリー)モデル事業」として、全国7か所で行った取組を報告し、広く皆さまに知ってもらうことを目的としたものです。

2020年の東京オリンピックを控え、ますますのインバウンド(外国人観光客)増加が見込まれるなか、ハラル・ベジタリアン・アレルギーなどを持つ方にも、日本の食の魅力を伝えるため対応策について考え実践していくことを目的とした「食のバリアフリー」の取組は「食のあたらしいおもてなし」として、東京のみならず日本の地域活性化に寄与できると期待が寄せられています。

当日は100名近い参加者のもと、「beyond2020について」の説明(内閣官房企画調整担当戸梶氏)、講演「食のバリアフリーとは」(ブランド総合研究所 田中)の後、北海道、宇都宮市、大町市、糸満市で実施した取組について、現地の担当者が登壇し発表を行いました。

第2部は「食のバリアフリーでインバウンド対策」というテーマで、4名の専門家をお迎えしてパネルディスカッションを実施しました。

実施後の参加者アンケートでは、「各地の事例が分かって良かった。各地が連携してやればより効果が高まると思う」「簡潔でわかりやすい食のバリアフリーのコンセプトとその背景の説明、現場に携わるプロフェッショナルの方々のパネルディスカッションの濃い内容は、未来を明るく感じられる力強い内容だと感じた」など、肯定的な意見が数多く寄せられました。

なお、この取り組みは、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託により、「平成30年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査に係る試行プロジェクト」として実施されているもの。2020年に向けた機運を盛り上げるとともに、2020年以降のレガシーを創出する「beyond2020プログラム」に認証されています。



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

イベント / 会社案内 / ニュースリリース / 地域ニュース / 食のバリアフリー | 2019年1月12日 土曜日

「食のバリアフリーフォーラム」1/9東京にて実施

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2018 | 2018年10月15日 月曜日

地域ブランド調査2018~最も魅力的な都道府県は10年連続で北海道~

調査一覧