コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2012年5月1日 火曜日

第89回:宇和島じゃこ天

愛媛県の南部で食されている揚げかまぼこのことで、「皮天ぷら」とも呼ばれる。宇和島の近海でとれるホタルジャコなどの小魚の頭と内臓を取り、皮や骨ごとすり潰したものを厚さ1センチくらいの板状に成形し、油で揚げて作る。

ちなみに皮や骨が入っていないすり身を揚げたものは、宇和島では「天ぷら」と呼ぶ。
宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が郷里の仙台から職人を連れてきて、近海でとれる小魚や雑魚(じゃこ)で作らせたのが始まり。

表面の色は灰色がかったきつね色で、中身は灰色。市内には店頭で揚げたてのじゃこ天を販売する「蒲鉾(かまぼこ)店」が多く存在する。1枚150円前後で、揚げたてのものをそのままがぶりと食べるのが一般的。食べ歩きをする人も多い。じゃこ天をうどんに乗せた「じゃこ天うどん」のほか、カレーの具に使った「天ぷらカレー」も宇和島では人気がある。

(ブランド総合研究所 田中章雄)

※当記事は、2012年4月30日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

イベント / 地域ニュース / 地域ニュース / 東北 / 食農体験ネットワーク | 2017年4月21日 金曜日

歩いて食べて地元の魅力を再発見!|宮城県登米市

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧