コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2010年7月19日 月曜日

第3回:一村一品運動

1980年に大分県で始まった「一村一品運動」は、各市町村がそれぞれ1つの特産品を育てることによって地域の活性化を図るもので、当時の平松守彦知事が提唱した。原点となったのは旧大山村(現日田市)が61年に実施した村おこし運動。「梅栗植えてハワイに行こう」と唱え、稲作に適さない山間地帯に、付加価値が高い梅や栗を植えた。この成功に着眼し、各町村が自主的に付加価値の高い特産品を開発し、人と産業を育成する地域活性化の手法として大分県全体に広がっていった。

結果的に、県内に関あじ・関さば、どんこシイタケ、カボス、豊後牛、大分麦焼酎など全国に通用するブランドが続々と誕生。現在、特産品の品目は336、生産額は総額1400億円に達している。その後、一村一品運動は大分県以外に伝わり日本各地で特産品が誕生した。これが地域ブランドの流れにつながっている。

(ブランド総合研究所社長 田中章雄)

※当記事は、2010年7月19日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得ています。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース | 2017年4月28日 金曜日

東京カメラ部写真展2017「日本の47枚」5/8までヒカリエで展示

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧