コラム / コラム / 地域ブランド用語集 | 2011年12月12日 月曜日

第70回:千葉・八街産の落花生

国内で消費されている落花生(ピーナッツ)のうち国産のものは1割にすぎないが、そのうち約8割が千葉県で栽培されている。県内でも日本一の生産量を誇る八街市内に、千葉県農業総合研究センターの落花生試験所がある。

落花生は南米が原産で、江戸時代に東アジア経由で持ち込まれ、南京豆と呼ばれた。1871(明治4)年に神奈川県大磯に住む寺坂慶次郎氏が種子を入手し、栽培を始めたという。1874(明治7)年には政府が米国から種子を取り寄せて各地へ配布し、全国に栽培が広まった。

代表品種の「千葉半立」は八街市で生まれた、コクと風味が豊かな品種で最高級品として人気の品種。 一方「中手豊」はあっさりした甘味のある味が特徴の早生種。いずれも輸入品種の数倍以上の価格で取引されている。近年、さやが一般品種の2倍以上の大きさになる新品種「おおまさり」が誕生し、将来が期待されている。

(ブランド総合研究所社長 田中章雄)

※当記事は、2011年12月11日発行の日経MJ(日経流通新聞)に「地域ブランド AtoZ」として掲載しています。記事は日本経済新聞社の許諾を得て います。 無断での複製・複写・転載を固く禁じます。


キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 調査 / 地域ブランド調査2017 | 2017年7月12日 水曜日

地域ブランド調査2017 申し込みフォーム

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2017 | 2017年8月3日 木曜日

地域ブランド調査2017 ブランド評価分析レポートのご案内

調査一覧