コラム / 勝手にケンミン創生計画 | 2015年10月20日 火曜日

奈良県 観光意欲高いが食への評価が低い

奈良県は可住地面積が全国で最も少なく、人口の9割以上が奈良盆地に集中している。大阪や京都への交通の便もよく、世界文化遺産に指定されている古都奈良の文化財や仏教建造物なども数多い。

年間約4000万人が訪れる観光面での評価が高い県である。地域ブランド調査の結果でも、2014年の魅力度は全国で6位、観光意欲は5位といずれも高い評価を得ている。

時系列でみると、10年に観光意欲度が高まっているが、これは同年に開催された平城遷都1300年祭の影響が大きい(グラフ参照)。

このイベントは平城京(奈良市)への遷都1300年を迎えることを記念するもので、同年の4月24日から11月7日までの約半年間開催された。

メイン会場は特別史跡である平城宮跡で、その他に「巡る奈良」として特別イベントや特別開帳が県内各地で実施された。メイン会場の総来場者数は当初予測の1.5倍の363万人となるなど、活況を制した。

◆せんとくんが、「きもかわ」ブームの発祥

このイベントのマスコット(ご当地キャラクター)として誕生したのが「せんとくん」。

頭に鹿の角が生えた童子の姿をしており、誕生した時には「きもち悪い」などという悪評も高く、決定過程が不明瞭だったことから、「まんとくん」という非公式キャラクターが対抗して誕生した。

せんとくんvsまんとくんの抗争が互いに注目を集めた結果となり、奈良県のご当地キャラクターの認知度は全国3位と高くなっている。ちなみにご当地キャラクターの主流だった「かわいい」路線と一線を画したせんとくんが、その後キモカワブーム(きもち悪い&カワイイ)を引き起こしたとする見方も多い。

◆食への評価は低い

ところで14年の観光意欲度は47.2点。10年の54.9点より8点ほど低下したばかりか、開催前である09年の52.4点と比べても5点ほど低くなっている。 この低下の原因としては、食と宿泊ではないだろうか。

続きの記事はこちらから(週刊ダイヤモンド)

◆奈良県の主な指標 (地域ブランド調査2014の結果より)

  • 認知度        6位
  • 魅力度        6位
  • 観光意欲度     5位
  • 居住意欲度    11位
  • 食品購入意欲度 44位

◆奈良県の主なイメージ

  • 魅力的な街並みや歴史建造物がある 2位
  • 歴史人物などにゆかりがある      2位
  • 魅力的な伝統芸能、祭りがある    4位
  • 優れた伝統技術がある         3位
  • 泊りたい宿泊施設がある        7位

 

◆提言  守りの観光から攻めの観光へ。 質の高い食や宿の充実を

 

※この記事は週刊ダイヤモンド 2015年9月26日号に掲載されたものです。

週刊ダイヤモンド「勝手にケンミン創生計画」では、毎週、1つの都道府県をピックアップして、
地域ブランド調査の結果などをもとに課題を明らかにし、提言を導いています  (毎週月曜日発売)

執筆・文責: 田中章雄 (ブランド総合研究所代表取締役社長)

 



キーワード

※上記のキーワードをクリックすると、関連記事の一覧が表示されます

掲載カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
食育活用フォーラム 地域ブランド調査 ギネス世界記録 19億人ハラル市場への架け橋、一般社団法人・ハラルジャパン協会 全国の「食農体験」検索サイト Japan Festa

地域ニュース / 関東 | 2017年5月26日 金曜日

飯能市がアニメ「ヤマノススメ」とウォーキングでコラボ

地域ニュース一覧


セミナー・講演 / セミナー・講演 / 九州・沖縄 / 地域ブランド用語集 / 知財・商標 | 2015年2月25日 水曜日

沖縄県で「OKINAWANビジネス創出ゼミ」ビジネスプラン発表会を開催

地域ブランド用語集一覧


地域ブランド調査2016 | 2017年4月11日 火曜日

「食事が美味しい」ご当地ランキング

調査一覧